その他の高齢者向け施設

その他の高齢者向けの施設をいくつか、紹介します。

介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)

介護利用型軽費老人ホームは新しいタイプの老人ホームとして1990年に創設されました。他の老人ホームとの大きな違いは、低料金で入所できる施設ということです。 (ただし、老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホームを除く施設になります)。

入居資格は原則として60歳以上で所得制限はなく、利用条件は自炊できないほど身体機能が低下して、独立した生活が困難な人を対象にしています。

利用料金は生活費、事務費などを含めて月額7万円から12万円程度。設置主体は自治体、社会福祉法人、医療法人などの公的機関になります。

軽費老人ホームは下記の3種類に別れています。

  • A型軽費老人ホーム
    食堂があって食事も提供されます。
  • B型軽費老人ホーム
    原則として食事の提供がなく、自炊の施設。
  • ケアハウス
    食事は提供されますが、介護が必要になった時は入居したまま在宅福祉サービスを利用することになります。

軽費老人ホームの利用料は国の定めた基準をもとに年間の所得によって決められています。 もともと低所得の方に利用してもらう目的もあるため、安めの設定になっています。

養護老人ホーム

養護老人ホームはおもに経済的な理由で、養護を受けることが困難な65歳以上の自立者を入所させ、養護することを目的とした施設のことを言います。 特別養護老人ホームと違うところは、介護保険施設ではないということです。

もともとは生活保護法の養老施設の流れをくんでいるものなので、公的機関の判定に基づいて入所が決定される措置施設に当たります。

入所費用は所得に応じて違いますが0〜8万円程度となるようです。

老人短期入所施設

老人短期入所施設は介護者の疾病、その他の理由により、自宅で介護を受けることが一時的に困難となった老人を短期間入所させ養護する施設です。

対象となる高齢者は、

  1. 行政の措置によって通わせる者(65歳以上、身体上又は精神上の障害があるために日常生活を営むのに支障がある者が、 やむをえない事由により介護保険法に規定する通所介護を利用することが著しく困難であると認められる時)
  2. 介護保険法その他の政令で利用を認められた者

国内最大級の有料老人ホーム検索サイト《オアシスナビ》!好条件多数掲載。

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県
山梨県新潟県長野県富山県石川県福井県
愛知県岐阜県静岡県三重県
大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県
徳島県香川県愛媛県高知県鳥取県島根県岡山県広島県山口県
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県
Copyright (C) 2007 老人ホームGUIDE All Rights Reserved.